太陽光照明の家「アイノス」


by ainos-slt

ゴルフシーズン

昨日、JGTO(日本ゴルフツアー機構)から来シーズンの日程が発表された。試合数は今年と同じ25試合だそうな。元来、スポーツが好きで野球、サッカー、大相撲、バレーボール、バスケットボール、ゴルフの中継を楽しみにしている一人である。とりわけゴルフ中継は男女、日米を問わず、大いに楽しませて戴いている。男子ゴルフ選手の中でも中島常幸選手の大フアンで、今でも出場する大会は見逃さないし、レッスンビデオも何本か持っている。少し前のツアーは青木選手や尾崎将司選手のテクニックはもちろんの事、スター性もあり、中継が心ウキウキするものがあった。近年、BS放送でアメリカのツアー中継が手軽に見れ、日本ツアーとアメリカツアーの比較をする様になるとウッズやミケルソンの飛距離やアプローチのテクニックを見た時、日本ツアーではドライバーの飛距離にしてもセカンドショットがグリーンに落ちた時のバックスピンにしてもロングパットが決まった時のリアクションにしても何か物足りなさを感じていたのは私だけではなかったと思う。そこに彗星の様に現れた石川遼選手が17歳の高校生にも関わらず、思い切りの良いドライバーショットや果敢に狙うパー5のセカンドショット、加えてアプローチの上手さは今年の日本ツアーを一人で引っ張って来た感かある。聞けば202億円の経済効果があったようであるが、国政を見る時、政界にも石川遼君の様なスーパースターの一日も早い出現を願わずにはいられない。
[PR]
by ainos-slt | 2008-12-11 10:50